天塩岳大会開催の情報

2020.07.29 Wednesday 16:46
0

    当日の朝、もし中止などの大きな変更があった場合のみ、こちらに投稿します

    category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -

    コロナウイルス2

    2020.03.26 Thursday 09:47
    0

      欧米のような爆発的な感染状況と日本は少し違うけど・・

       

      なかなか出口が見つからないし欧米のような爆発的な感染状況に

      陥る可能性もまだ濃厚

       

      こんな中でのトレイルラン大会開催は本当に微妙です

       

      イベント会社もそうだし計測会社も仕事が全くない状態

      今日のテレビではあのハワイに観光客が全くいない現象が起きていると・・・

      本格的な異常状態ですね

       

      北海道は少し終息傾向にあるとはいえ今後どうなるかもわからない

      カムイの杜でいえば今年からスキー場に会場を移したことで多額の使用料がかかり

      これも直前で中止になった場合はどういう形になるのかを話し合う必要があります

       

      なかなか厳しい状況だなあ

      category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -

      コロナウイルス

      2020.03.10 Tuesday 17:40
      0

        今日現在では多くのイベントやレースが全国で中止という状況

         

        今後もどういう流れになるか全くわからない

         

        応募する選手からすると中止になって参加費が返却されないという最悪の状況に

        はまらないためには締め切りまで応募しないという選択を取らざるを得ない

         

        この気持ちはよく理解できます。私も選手ならそうでしょうね

         

        一方運営サイドで考えると積極的な広報活動もできないし

        どの時点で中止にするかも不明 さらに参加費を返却できるかどうかも不明です

         

        選手の密集を避けて受付を中止して選手にゼッケンやプログラムを送ることも

        考えていますが一人当たり600円ほどかかってしまい

        昨年並みの応募の場合は25万ほど臨時出費となってしまい

        ゲストなどのイベント色演出のための費用がなくなってしまいます

         

        さてさて・・本当にどうしたらいいのか???

         

        category:トレイルラン全般 | by:maeda hiroshicomments(0) | -

        休みの日

        2020.03.01 Sunday 16:07
        0

          昨年から毎週月曜日を休みにしました(お店の)

          それまでの30年は月二回の休みでした(笑)

           

          毎週一回の休みといっても店の仕事が忙しくて接客していると

          集中して仕事ができないための休店で・・

          仕事は中でやっていることが多いです

           

          で・・・考えてみたけどこれまでは月二回の休みだったので

          30年本当の意味でプライベートで山に行ったりスノーシューに行ったり

          ということがほぼ一度もなかったかも・・

          すべて次のイベントのための下見やコース整備

           

          毎週一回の休みになってもこれは変わらなくて

          完全にプライベートで楽しむということが全くないかもしれません

          でもコース下見でも山に行けることは楽しいので・・全く問題ありません

           

          何もしないで一日が終わるより・・・・

          私の場合はずぼらな性格なので休みが多いと絶対にごろごろしてしまうと・・・

          category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -

          大会中止による参加費の行方

          2020.02.19 Wednesday 19:43
          0

            東京マラソンがコロナウイルスの件で一般参加者が出場できないことになり

             

            それで参加費も返ってこないと・・

             

            これをどう思うか?

             

            開催まであと二週間程度となれば経費はほとんど使ったことになります

             

            当日のエイドの食品などももう手配済みで支払いになっているかも

             

            そんな状況で返金といわれても・・・

             

            それより高いブース代を払ってエキスポに出店しようとしていた企業も

            すべて準備していたわけだし・・大きな赤字になります

             

            せめて参加賞などの配送があればなあと・・

            category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -

            冬のイベント

            2020.02.11 Tuesday 19:07
            0

              旭川のスキーリンクスでスノーエンデュランスランスフェス

              というイベントを初めてもう7年

               

              おそらく誰も冬の雪道を走るイベントはやっていなかった

              まあ冬に外を走るランナーもほぼいなかった頃

               

              最近色々なところで雪の上を走るランイベントが出てきました。

               

              そろそろ私の任務も終わりかなあと・・・

               

              スノーラン 雪上自転車 スノーシューラン

               

              私が一番好きなのはスノーシューラン

               

              リンクスの山奥にコースを作ってピンクテープで誘導しています

               

              でも最近のバックカントリーの人たちがそのピンクテープを伝って滑り

              ゲレンデに帰ってこれないことが増えてきています

               

              そろそろスキー場からはクレームが来るかもしれません

               

              本来スキー場の敷地内ではない国有林の敷地でスキー場としても責任の無い場所ですが

              帰れないと電話が入れば助けにいくことになり・・・

               

              私としてもできるだけ大会日のギリギリにつけて当日取るという作業をしているけど

              スキー場にとっては迷惑な事案

               

              スノーランに関しては色々なところでやるようになり私が頑張る必要もなくなったし

              スノーシューランもそういう事情で継続に赤信号が・・・・

               

              なんとか10回まではやりたいけど・・どうなんだろう?

              できるかなあ???

              category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -

              大会運営の費用

              2019.12.08 Sunday 19:07
              0

                トレランだけでなくランニングなどでタイム計測が必要な競技は

                どうしても計測費が大きなウエイトとなり参加費収入のかなりの%を占有してしまいます

                 

                補助金(行政主導大会)や協賛金(民間スポンサー)がある大会はまず問題ありませんが

                参加者数が200名以下の大会で補助金や協賛金がない場合は相当経済的に厳しいです

                 

                とはいえ参加者は他の大会と比較するため小さい大会もそれなりにお金があると思ってしまいます

                参加費を払っているから当然ですが・・・

                 

                計測費を筆頭に参加賞費 会場設営費 スタッフ費 賞品費 広告宣伝費 HP運営費 その他

                参加者が少ない大会は上記のどこにお金をかけるか?

                 

                見た目でいえば会場設営費や賞品費にお金をかけますが・・・

                裏方を大切にと思えばスタッフ費もちゃんとしなくてはなりません

                 

                大会に参加者が何を求めているかによって違いますが・・見た目が地味だとしょぼい大会という印象が付きます

                 

                大会参加者が増えない状況で大会が増えていけば・・参加者の減っていく大会が出てきます

                魅力がないから参加者が減っていくのかもしれませんが・・そういう大会は消滅してしまいます

                 

                ところが行政が補助金を出し続ける大会は参加者が減っても存続できるというケースもあります

                 

                参加者も色々な大会ででみると、だんだんスケールの大きな大会に出てみたくなるのは自然です

                道外や海外に羽ばたいていきます これは当然のことです

                ただこの状況下で新しい選手が増えていく環境が作り出せれば既存の大会にも新しく参入した選手が

                参加するので定員割れなどは回避できます

                 

                私が目指す「道内トレイルランナー2000人計画」はトレイルランナーのベースを増やすことが主目的です

                既存の選手はどんどんグレードアップして外に出ていきます 小さな大会には興味がなくなることもあるでしょう

                 

                100Kや160Kのようなオーバーナイトのレースは北海道ではクマの心配もありかなりリスクがあります

                なのでこれまでオーバーナイトのレースは道内では開催されておりません

                スタッフの安全も主催者の保護も確立していない状況です

                選手からの希望はあるでしょうがスタッフも主催者も怖くて開催できません(笑)

                 

                おっと話がずれてきました 費用の話でした(笑)

                既存大会が200人割れせず開催できて新規大会も広がりを持たせるためには

                トレイルランナーの底辺を広げる以外 道はありません

                 

                私自身は特徴のある小さい大会をメインにしているため毎回経費との闘いになります(笑)

                 

                おっと長くなったしまとまりもなくなってしまった

                 

                 

                category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -

                ナイトトレイルランを・・

                2019.12.03 Tuesday 10:12
                0

                  ナイトトレイルランに関して

                   

                  クマの問題はどうやったとしても万全の体制で臨むということは難しいです

                   

                  クマとの遭遇時間帯が比較的朝方におおいという情報もあるが

                  夜に出ないという保証もない

                   

                  音に反応する場合も姿を隠す場合もあるし興味を持って近づく可能性もある

                   

                  考えれば考えるほどリスクが大きいのがナイトレース(特に北海道では)

                  しかしいつかナイトレースやオーバーナイトレースが北海道で開催される日がくるはず

                   

                  やはり可能な限りの安全策を行って開催することは選手にとっても

                  主催者にとっても さらにそれを支えるスタッフにとっても大きな経験になるはず

                   

                  練習会などもやりつつカムイの杜トレイルランの前夜に開催する方向で進むしかないのかも

                  category:トレイルラン全般 | by:maeda hiroshicomments(0) | -

                  ナイトトレイルランの用具など準備

                  2019.11.30 Saturday 11:57
                  0

                    来年開催予定の「夜の神威」開催のため色々グッズをそろえて・・

                    これからテストをしていこうと

                     

                    大会本部のライティングは???

                     

                    道しるべは100均の自転車の赤いフラッシュライト

                     

                    要所にはランタン

                     

                    曲がり角には蓄光テープを張った矢印看板

                    でもこれが有効なのかテストしないと・・

                     

                    ブルートゥーススピーカーで帯同スタッフが音楽を!

                     

                    先導などはオフロードバイク

                     

                    あと何があるだろう???

                    category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -

                    弱っているのかなあ(笑)

                    2019.11.22 Friday 11:35
                    0

                      私的なことですが、どうも最近録画してあったドラマや映画をみていて・・・

                      展開が不幸な方に傾いていくと・・

                       

                      その時点でもう先をみることを止めてしまうということが連発

                       

                      なので途中で見るのをやめたドラマや映画が多数転がっています

                       

                      心が弱っているせいなのか・・・?

                      category:- | by:maeda hiroshicomments(0) | -